スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにゃく 製粉加工 続き

前回の記事より少し詳しく書いてみます。


まず、この臼と杵で潰す機械は最近では随分少なくなりました。


最近では、すり潰してこんにゃくの粒子と、とび粉(でんぷん)を


分離する方式になっているようです。


それぞれの機械に一長一短があります。



杵・臼での加工ではそれなりの場所が必要となります。


そして、騒音、振動などがあります。


川場村の田舎であるからこそ、今でもこれで加工できるのでしょう。。



すり潰す方法だと、スペースや騒音はあまりないようですが、


ロスが多く出てしまうという噂。。。




そして、何よりも一番の事があります。




それは・・・・・・・





最新の設備をするのに・・・・・・





数千万円かかってしまうのです・・・・・・・・・・




今のままでも良い粉が作れますので、



しばらくはこのまま頑張りたいと思います。(^^)v
スポンサーサイト
コメント

>ちりぴさん
設備をするにはそれなりの覚悟が必要です。

>jinoさん
練り屋さんの機械もかなり掛かりますよね。
お互いに頑張りましょう!(^^)

数千万ですか... そこら辺は練り屋も同じですね。(^^)

なんだか「臼と杵」でこっちのほうがおいしそう!なおかつ高価な雰囲気が、かもし出されてるような気がするぞ。
それにしても数千万かかるんじゃ、新しい機械にするのも勇気がいるね(^_^;)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。